テレクラを使う男女の特徴は?一番多い中年女性を口説く方法は?

テレクラは現在、出会いを探す場所として、あるいはテレフォンセックスを楽しむ場所として多くの人々に利用されています。男性も、もちろん女性もたくさんいますが、彼ら彼女らの目的とは、いったいなんなのでしょうか。

まず、男性から見ていきましょう。テレクラを利用する男性の多くは、テレフォンセックス、あるいはセックスすることを目的にテレクラを利用しています。テレフォンセックスというのは、電話を通じてするセックスのことで、一種の相互オナニーといえるものですね。もうひとつ、セックスするというのは、文字通り、直接会ってセックスをすることです。それを目的にテレクラを利用している男性は多いのです。

どちらかといえば、テレクラには後者を目的としている男性が多いように感じられます。どうして出会い系サイトではなくテレクラを利用するのかといえば、テレクラのほうが、約束を守ってもらえる可能性が高いですからね。声でするやりとりであるからこそ、メールでやりとりをする出会い系サイトよりも、会える可能性、約束が守られる確実性が高いんです。

テレクラを利用する男性は、出会いに困っているというよりは、どちらかというと、普段から遊んでいる人が多いと思われます。なぜなら、出会いを探したりするのなら、メールでそうしたほうが気楽ですからね。奥手で女性と話すのが得意でないタイプの男性が、テレクラを利用するとは考えにくいですよね。直接に言葉を交わさなくてすむメールでのやりとりのほうが、気楽でいいと考えるのではないでしょうか。

そういった理由から、テレクラに出入りしている男性は、女性と話すのが得意で、しかもエッチ好きな人である可能性が非常に高いです。そしてまた、テレクラには、若い人が少なく、中年の方が多いのもその特徴といえるでしょう。昔、テレクラを使っていた人が使う、そういった面もあるからです。よってテレクラには、女性と話すのが得意で、わりと普段から女遊びをしていて、中年の、年齢ゆえにある程度の経済力をもった男性が多いということです。色々と奢ってもらったり、旅行に連れて行ってもらったりするのを夢見ている女性は、テレクラを使うのがいいかもしれません。

出会い系サイトには、お金を持っていない貧乏学生など、そういう男性が多数いますからね。それが悪いとは言いませんが、お金を持っている人を求めている女性にしてみれば、テレクラのほうが使いやすいといえるでしょう。もしあなたがまだ若い男性なのであれば、テレクラで出会いを得ようと思ったら、何か特別の武器が必要になります。これは女性の口説き方に関わるところで、後述しますが、お金では買えない何かを提供できるようでなければならないのです。

テレクラに出入りする女性の特徴

それでは、テレクラを利用している女性には、どんな人が多いのでしょうか。これは、テレクラが流行していた時代に、それを利用していた女性が多い、つまり年齢のことでいえば、男性と同じ傾向を挙げることができるのですが、その目的に関しては、若干事情が異なっていると見受けられます。男性は主に、セックスをすることを目的、目標としてテレクラを利用しますが、女性の場合は必ずしもそうではありません。どちらかといえば、彼女らは、テレフォンセックスを目当てにテレクラを利用しているように感じられます。

まず、テレクラを使う女性らに、中年の方が多いというのは述べましたね。そのくらいの年代の女性らは、既婚であることが多く、もし旦那以外の男性と寝れば、それは不倫になってしまいます。しかし、何年も同じ人と同じ家に暮らしているんです。必ず「飽き」はやってくるでしょう。ただ、不倫をする勇気はない、そんな女性が多いように私は思います。

それでも、セックスレスが何年も続いてくると、やはり男性の体が恋しくなってくるのでしょう。それを、男性とは直接肌をふれあわない形で解消しようと試みる、その手段としてテレフォンセックスがあるんですね。女性は、男性よりも、想像の中に入り込むことが得意であるといいますか、感情移入をしやすいところがありますので、テレフォンセックスでも充分に興奮と快感を得られるというわけです。もちろん、セックスの快感には劣ってしまうんですけれどね。

これだけ聞くと、じゃあテレクラで出会いを探すのは難しいのか、と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。欲求不満を募らせている彼女らが相手だからこそ、そしてテレセだけと自分に「言い聞かせて」我慢している彼女らだからこそ、落としやすい、口説きやすいといえるのです。

中年女性の口説き方

さて、それではテレクラに出入りしている中年女性を口説くにはどうしたらよいのでしょうか。まず、彼女らは多くの場合、旦那とセックスレスの状況にあるというのはすでに述べましたね。そこからどういったことがわかるかというと、彼女らは、セックスをしていないと同時に、女性として扱われる機会がめっきりなくなってしまっている、ということです。

旦那と恋人同士であったときのように、愛してると伝えてもらったり、ルックスやおしゃれその他のことで褒めてもらえたりすることも減っていると考えられるのです。つまり中年女性は、結婚をして以後、長く恋愛というものから遠ざかっているのです。それは、結婚をしたのですから、当然と言えば当然のことでしょう。しかし人間の気持ちや考えというのは、そういった論理で整理のつくものではありません。生涯のパートナーを得ながら、あの頃のような恋愛をしたい、誰かに女性として扱ってもらいたい、そのように熱望する女性は多くいます。

そしてテレクラに出入りをしている女性は、その禁断の世界に踏み入りかけている人たちです。自分ではテレセだけと割り切っているつもりでも、心のどこかでは、自分を熱くさせてくれるような出会いを求めている。あなたは、そのニーズに答えてやればいいだけ。つまり中年女性を口説くときには、自分が、好きな人を口説くときのように、告白するときのように、相手を大切に思いやること、まるで恋愛をしているかのように錯覚させてやることが大切なのです。

そうすれば、テレクラの女性は、はっきり言って、簡単に落ちます。自分のことを女性として扱ってくれる人が現れた、その喜びに打ちのめされて、それまでは「テレセだけ」と決めていたのが、こんどは「会うだけ」になります。ラブホテルを前にすれば「今回だけ」になるでしょう。このように、彼女らは自らルールを作ったつもりでいますが、自分の衝動や願望を前に、それはまったくの無力であり、最初からないようなものなのです。

それでは、具体的にどのように口説けばよいのでしょうか。まず、この例で行けば、その女性を口説く前に、テレフォンセックスをすることになると思います。向こうがそれを望んでいるのですから。もちろん、テレセをしたがらない女性もいますし、断られる可能性もありますが、そういった女性らはそもそも援交の相手を見つけるのが目的であったり、あるいはあなたに魅力を感じていなかったりするので、諦めてさっさと別の女性と電話をしたほうがいいですね。

さて、まずテレフォンセックスをしましたら、「気持ちよかった?」と訊いてみてください。そこから世間話をすこしだけして、テレフォンセックスが終わったからといって会話を終了させることのないようにしてください。加えて、そこで旦那さんがどんな人なのかを訊いてみてください。真っ先に愚痴がこぼれてきた場合には、七割八割は落とせます。こんなに素敵な人ほうっておくなんて、ひどいね、とか、俺だったらぜったい、毎日求めてるかも、とか、そういうことを言っていい気分にさせてあげてください。

それから、好きな男のタイプを訊いてみましょう。迷いつつも、たぶん、「旦那」とは言わずにどういった男性が好きかという「理想」を話すはずです。その理想に旦那みたいな人と付け加える人もほとんどいないはずです。それはもちろん、少なくとも現在の旦那が理想の男性とは言いがたいからなんですよね。

その好みのタイプを訊いたあとに、「俺みたいなのは?」と訊ねましょう。彼女らと話すときの言葉遣いや態度は、自分がもっとも得意としている、女性に受けるキャラにしてください。ちょっと子供っぽく「僕みたいなのは、どうですか?」と訊いてみるのもいいですし、大人っぽく一人称に「私」と使ってもいいでしょう。自分のルックスに適したキャラクター、会ったときにそれをそのまま演じても恥ずかしくない態度をとってください。

素でいってもいいですが、そもそも、自分の好みかどうかもわからない人を、持ち上げて、いい気分にさせて、会おうとしているわけですから、そこで自分をすでに偽っているわけで、だとしたらちょっと演技をしているくらいがちょうどいいのではないかと思います。さぁ、自分みたいな男はどうかと質問すると、彼女らはどう答えるのか。それまでのテレフォンセックスに満足している――興奮し、気持ちよくなれたと思っている女性は、おそらくここで、肯定的な意見を述べると思います。「いいんじゃない?」とか「いいと思うよ」とか、そういうことを言います。

そこでストレートに、「年上の女性が好き」というのを伝えるのがいいでしょう。そして、その中でも、今話しているあなたが最もタイプに近いと伝えてください。「優しくて、話しているとすごく楽しいし、なんでも相談できそうな感じがして、頼もしいし」「でも感じてるときの声は可愛くて、抱きしめたくなっちゃう」などと散々に褒めてあげることです。

年下の男性にそう言われて喜ばない女性はたぶんいません。上からではなく、下から、尊敬するような形で褒めてあげましょう。でもその中に、女の子みたいな可愛らしさもありますね、そういうところ大好きです、と、こう伝えるのが最も成功率の高いやり方です。そうすることによって、彼女らが胸に秘める、もう一度恋愛がしたいという願望をくすぐることができるのです。

そういった準備をすべて整えてから、「一度でもいいので、会ってもらえませんか?」と訊いてみてください。でも、とためらう女性が多いと思います。しかしそこではっきり断らない時点で、心は揺れているんですよね。そこで「お茶して、話すだけでもいいので、お願いします。直接会って話してみたいんです」と真摯にお願いをしてみてください。そうすれば、「お茶だけなら……」と会うことを承諾してくれるはずです。

会うことに成功したら

さて、会うことに成功したら、次はどのようにすればよいのでしょうか。まず、そこでも心がけてほしいのは、彼女を恋人のように扱ってあげるということです。あなたは恋人と歩くときに、デートをするときに、どんなことを意識しますか?何かをご馳走してあげることでしょうか。食事に行ったときに椅子をひいてあげるなど気遣いを見せることでしょうか。どんなことでも構いません、あなたが考えうる限りの、恋人へしてあげることのすべてを、彼女にも同じようにしてあげてください。

そして話すときも、恋人にするように、親密さと尊敬が同居しているような話し方をしてあげてください。あなたは、好きな人が愚痴をこぼしはじめたりしたら、どのような態度をとりますか。心の中ではどうでもいいと思っていても、親身になって聞いているふりくらいはするのではないでしょうか。そして時折それに同意してあげたり、君が正しいよと言ってあげたりするのではないでしょうか。

また、デートの随所で、彼女に、より自分のことを好きになってもらうために、褒めてあげたり、彼女のしたいことに付き合ってあげたりするのではないでしょうか。このような、恋人に対する何か、をテレクラで知り合った中年女性たちにしてあげることで、彼女らはますます、私はいま恋愛をしている、そのときの自分に返っているという気持ちを強くすることでしょう。

それでは、デートの終わり頃にすることといえばなんでしょう。もちろん、セックスですよね。初日からこれをしようと躍起になる必要はありません。何度か会ってからでも充分に間に合いますし、いつでもできますから、安心してください。しかし注意すべきは、彼女のほうに充分な時間的余裕があることを確認してから、ホテルなどに誘うことです。時間がない、つまり旦那が家に帰ってくるのが近いと、ホテルへ誘っても断られる可能性が高いです。それがきっかけとなり、今まで積み上げてきたものが崩れ去ってしまうとも知れません。

平日の昼間などがベストでしょうか。あるいは、旦那が出張に行っている間などですね。友達と遊ぶといって、外出してもらうのでもいいでしょう。ただし、いきなり友達と遊ぶようになると旦那に疑われますので、そのように言わせるのは「たまに」にしておいたほうがよいでしょう。時間も問題がなければ、ホテルへ誘う、そしてそれを受け入れてもらうという段階に入ります。

これは最後の難関といえますが、それに至る前に、「○○さんの彼氏になりたいです」「今日から僕が彼氏ね」などと言ってあげていれば、そのホテルに行くのは「恋人としての行為である」という印象を植えつけることができ、不倫行為をする、肉体関係を持つということのイメージが浄化され、彼女らの中でも、恋人とならそういうことをするのは普通だという思いが働くようになります。このようにして、女性をホテルに誘ってください。そうすれば高い確率で受け入れてもらえるはずですから。